2011年7月18日 (月)

霧降高原に輪行

 久しぶりの更新です。去年のクリスマス以来とは・・・(^^)

 心臓を悪くしたのもあり、とうとう死んだかと思った方もいるかもしれませんが、生きてました。この半年の間は薬の量や種類を変えたりしながらも、自分に合う組み合わせ(頭が痛くなりにくく、狭心痛もおさえてくれる)がなんとなく見つかり、落ち着いてきました。

 運動制限は受けてなかったのですが、もし突然倒れたらという不安から、一人でロングを走ったり、人気の少ない山中に行くのは避けてましたが、最近になって大丈夫そうに思えるようになってきたので、思い切って霧降高原ルートに一人再チャレンジしてきました。

 再チャレンジというのは、去年10月頃(狭心症の発症前)に行っているのですが、頂上まで2Kmというところで、あまりの寒さと霧と雨で引き返したことがあったからです。この時の理由は一応は天候にしてますが、実は14Km続く勾配8~10%という上りにギブアップ(T_T) したのが本音だったりして・・・。さらに言い訳として、前日に千葉から宇都宮まで自走したというものあって・・・。

という不甲斐ないことがあって、今回は輪行で日光まで行くことにしました。

 朝4:00出発の予定が4:15に家を出て、北総線の運賃をケチるために、東武線のある新鎌ケ谷まで自走します。(セコッ!)

Dscn0751_2_4
  さすがに、朝4:30だと道はガラガラ

 新鎌ケ谷の駅前で新しい輪行袋に自転車を詰めます。久しぶりの輪行に手間取ってしまい、乗るハズの電車を寸前で逃してしまいました。(これが、後で痛い目に遭うことに)

Dscn0754_2
  ホームで次の電車を待つ輪行袋

 有料電車には乗らず、東武だけで乗り継いで行ったら、東武日光に着いたのは9:20になってしまった。乗り遅れてなければ8:30には着いていたはずなのに。

 それから、駅前で自転車を組み立てます。似たような人が他に3人いましたが、一人はいろは坂に行くと言ってました。
一人になり、まずは、コンビニで缶コーヒー&パンを食べ、ボトルに水を入れ、非常食になんとかバーみたいなやつを買って背中に挿します。この時10時過ぎ。既に相当な暑さになっていて、日光は涼しいのかと思っていたら、大間違いだと知らされました。

Dscn0763_2
  まっすぐ行くと霧降高原に突入

 霧降大橋の信号を抜けると、いきなり坂が始まります。表示は確か9%だったような。
いきなり、インナーローにして無理せずにゆっくり上っていきます。途中の表示には10%もあったような・・・。

 まずは霧降の滝を目指します。
滝は階段の下なので行くのは諦めて、入り口の写真を撮っただけ。つまり、単なる休憩?ということですね。

Dscn0765_2
  写真だけ・・・、つまり、木陰で休憩ですぅ

 ここまで2Kmちょいなのに、暑さですでにバテバテ。途中、自転車で上ってるのも下ってくるのもいなかったので、この暑さの中、走るのは間違いなのかと思うこの頃です。(前回は何人も見かけたのに)
一人で、やめようかどうしようか葛藤しながら、止まりそうな速度で上っていきます。ただ、ただ、ひたすら上ります。

そうなんです。このルートは、霧降大橋からいきなり14Kmの坂が始まり、9~10%の勾配が延々続きます。この間、平らのところはありません。クライマーではない私にはかなりキツイ道です。

 体に水をかけたりしていたらボトルの水がなくなってきたので、わずか1Kmほど進んだチロリン村の水道で補給しながら、またもや休憩。暑さは限界に近い感じ。
取りあえず、走り出しますが、暑さでもうろうとしてくる始末。漕いでいると、なんかだんだんと視界が狭まってくるような感じになり、「熱中症になりかけてるのか?」とハッと思い、足をついてしまいました。(既に2回休憩してるけど)
止まっていても終わらないので、もうろうとしながらもとうとう自転車を押し歩き、日陰を見つけては小休憩。そうこうして、1Km弱くらいは歩いてしまったかも(>_<)
そのうちに、少し雲が出てきて多少涼しくなったところで、また跨って漕ぎ出します。

 そんなダメダメなやつでも、前に進んでいれば頂上に着くんです。(←今日の格言)
頂上のキスゲ平先の駐車場にやっとの思いで到着し、写真撮影。
周りの車の観光客は奇人でも見るかのよう・・・。
確かに、他に自転車乗りはいないからなあ(^-^;

Dscn0779_2
  ここが最高地点です

 日光駅が543m地点だから、14Kmで900m上ったことになる。
んー、もっと上ったような気もするが、まっいっか(^^)

ここから先は、ほぼ下りのみ。やったー。

Dscn0782_2
  六方沢の橋

Dscn0785_2
  六方沢の橋からの眺め

 下り始めたらこっちのもん。メタボな分、下りは速いのさ。
大笹牧場の中の道は、景色も道も良く、サイコーな気分。
さっきまでの雲も晴れ、「キーモチイー!」を連呼、連呼、連呼。

Dscn0793_2
  この道はサイコー!下りだし。

 そして、レストハウスで水分補給。と、牛乳。と、ソフトクリーム !(^^)!

Dscn0797_2
  普段はあまり食べないが、これは旨し!!

Dscn0803_2
  牛も暑さに少ない日陰に集まってる

 水ものはたんまり摂れたが、食べる気は出ず。
でも、時間も押してきてるし、あとは下りだからと出発します。

 川治~鬼怒川を目指してGO!

Dscn0805_2
  鬼怒川の絶景

下りなので、周りの景色を楽しむ余裕も出てきます。

 川治温泉の近くは、トンネルが多く(確か6つ)、そのうちの一つはトンネルの中に急カーブがあり、ちょっとビビリました。

Dscn0808_2
  最初のトンネル

Dscn0809_2
  川治ダム

 だんだん、時間に焦ってきて、龍王峡のところでは水分休憩だけ。
鬼怒川温泉街を駆け抜け、121号を急ぎます。

 下今市の近くの所で17:00ちょい前。
下今市から輪行するか、宇都宮で餃子を食うか、少しだけ悩んで、「輪行ならビールが飲める。なら、餃子でしょ。」ということで、日光街道を飛ばします。

Dscn0813_2
  途中、旧道の杉並木を通ったりして・・・

 日光街道は宇都宮に向かって緩やかな下り基調なので、ガンガン飛ばせます。側道がロードで走れないガタガタなところが多いですが、車の間に入って40Km以上で走り続け、宇都宮までの30Km弱を1時間ほどで走破。餃子とビールの力は強い!

 18:15には東武宇都宮駅前の餃子屋に入って、グビっと。

Dscn0814_2
  餃子ちょい飲みセット。旨し!

これに、生ビールおかわりとラーメン食って、ほろ酔いの満腹になりました。

 シャッターの閉まった東武デパートの前で、自転車をばらして袋詰め。ほろ酔いの満腹なので、チョー面倒くさい。30分はかかってしまったような気もするがよく覚えてない。(^^)

 19:30くらいの電車に乗り、帰りは最寄り駅まで輪行。家に着いたのは23:45頃。
あー、面白かった。輪行っていいなー♪

«一年の締めくくり

無料ブログはココログ